【最新】ニコンD750と一緒に買うべきおすすめアクセサリー

CAMERA

こんにちは!R1KU です!

今回はニコンD750の購入を検討している方に向けて、
実際に愛用している私がD750と一緒に購入したほうがいいおすすめアクセサリーを紹介します。

✓本記事の内容

・ニコンD750とは
・おすすめアクセサリー
・まとめ

ニコンD750とは

まずは簡単にニコンD750について紹介します。
D750とはニコンが2014年に発売したニコンFXフォーマットデジタル一眼カメラです。
フルサイズカメラの入門機として今でも人気が高く、2020年1月には後継機となるD780も発売されています。

実際に私も愛用していて【おすすめ】ニコンD750 レンズキットを実際に使ってみて で詳しくレビューしています。

【おすすめ】ニコンD750 レンズキットを実際に使ってみて
この記事では私が実際に使用しているニコンD750を紹介しています。 D750やフルサイズ一眼レフを検討している方はぜひ読んでみてください。

おすすめアクセサリー

では早速ニコンD750におすすめのアクセサリーを紹介していきます。
D750を購入予定の方は一緒に買うことをおすすめします。

液晶プロテクター

カメラの液晶を保護するために使う液晶プロテクターです。
D750に限らずカメラを購入したら必ず購入しましょう。

SDカード

写真を保存するのに欠かせないのがSDカードです。
SDカードがないと写真を撮っても保存できないのでこれもD750に限らず必ず購入しましょう。

D750はフルサイズ一眼レフカメラなのでAPS-Cのカメラよりも1枚のデータが大きくなります。そのため64GBや128GBなどの大きめの容量がおすすめです。

レンズ保護フィルター

レンズを保護するために使うレンズ保護フィルターです。
レンズを保護してくれるのでレンズキャップを付けていなくても安心です。
レンズキャップを頻繁に取ったり付けたりするのが面倒な方にもおすすめです。

アイピース

D750はアイピースがすぐ取れるで有名です。
実際に私もD750初撮影の日になくしています。
予備のアイピースを購入しておくのをおすすめします。

L型ブラケット

フルサイズ機を購入したらやはり三脚撮影をしたくなります。
その際に便利なのがこのL型ブラケットです。

L型ブラケットは三脚使用時に縦構図での安定性を向上させることができます。
フルサイズ機は重く普通に縦構図で撮影しようとすると、重さでどんどんカメラが下がってきます。
しかしL型ブラケットを使用すれば縦構図でもカメラが下がることはありません。

更にアルカスイス互換なので様々な三脚で使用できます。

Manfrotto Element トラベル三脚

Manfrottoのトラベル三脚です。
トラベル三脚という名前の通り、他の三脚に比べて非常にコンパクトで軽量な三脚です。
軽い三脚がほしい方や頻繁に三脚を持ち出す方におすすめです。

リモートコード

リモートコードは三脚撮影時にリモートでシャッターボタンを押せるリモコンです。
これを使うことでカメラブレ防止や長時間露光撮影時にシャッターボタンを押したままの状態にできたりします。
夜景撮影時に使うことが多いです。

ピークデザイン クラッチ

ピークデザインのクラッチはカメラ用のハンドストラップです。
ピークデザインならではのかっこいいデザインに安心のホールド感、長さ調節が可能なことや簡単に取り外せることなど、とても便利です。

フルサイズ機の重いボディをしっかりと受け止めてくれます。
スナップをよく撮る私には必須アイテムになっています。

マルチパワーバッテリーパック

本体のバッテリーの他に追加でバッテリーを装着できます。
さらに縦位置撮影用のシャッターボタンなども付いています。
長時間撮影する方や縦位置撮影を頻繁にする方におすすめです。

まとめ

今回はニコンD750におすすめなアクセサリーを紹介しました。
こうして改めて見てみるとアクセサリーだけで結構購入してしまっているなと感じました。
カメラはボディとレンズ以外にもお金がかかりますね…
D750やアクセサリーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました